格安航空券をお得に買ってみよう!旅行したい方にオススメ!

- 旅行会社が格安航空券を提供できる仕組み

旅行会社が格安航空券を提供できる仕組み

格安航空券は、航空券なのに航空会社では購入する事が出来ません。
何で?と不思議に思うかもしれませんが、ある仕組みが存在するからです。
では、なぜ航空券を安く提供できるのか、その仕組みについて紹介します。

航空券を安く提供できる仕組みについて

gtgtsr
まず、格安航空券が購入出来るのは、航空会社ではなく、旅行会社です。
そもそも、航空会社が旅行会社の団体ツアー用に卸した航空券です。
そのため、本来であれば、ツアーと組み合わせて販売する事が前提となっているため、
旅行会社は単体で航空券を購入するよりも安く仕入れる事が出来るのです。

ですが、もしその仕入れた航空券が大量に余ってしまった場合、航空券には期限があるので、
売り切らなければ旅行会社が損する事になってしまいます。
そのため、旅行会社はツアー用として安く仕入れた航空券を、安く販売する事が出来ます。

航空会社の場合は、航空券が大量に余ってしまっても、航空券の価格を決めるには行政の認可が必要で、
勝手に値引きが出来ません。ですが、旅行会社の場合は行政の認可が必要ないため、旅行会社が価格を決める事が可能です。
その結果、旅行会社が格安航空券を販売しているという仕組みになっています。

旅行会社は大量に仕入れる事で、1枚あたりの航空券の仕入れの単価を安く抑える事が出来ます。
そのため、安く航空券を販売しても、キチンと利益を出す事ができます。
また航空券単体で利益が出ない場合でも、ホテルの宿泊費と航空券をセットで販売すれば、航空券から利益が出なくてもいいのです。
例えば高いホテルの宿泊券と激安航空券の組み合わせなら、旅行で交通費は抑えたいけど、
宿泊するホテルは贅沢したいという人もいるので、ホテルの宿泊券が高くてもちゃんと売れるのです。

ただし、旅行会社ならいつでも格安で航空券を購入する事が出来るわけではありません。
なぜなら、安く提供する理由が、大量に航空券が余ってしまったからです。
逆に言えば、繁忙期などの航空券が余らない時期には、格安で航空券を提供する事が出来ず、
閑散期で飛行機の空席をなくすために、大量に余った航空券を安く提供するわけです。
そのため閑散期の時期が狙い目だと言えるでしょう。

旅行会社が安く提供できる仕組みについて理解しておけば、どのタイミングで購入すれば最もお得になるのか気づけるはずです。

≪ 前の記事:
△PAGE TOP

Copyright(C)2016 格安航空券をお得に買ってみよう!旅行したい方にオススメ! All Rights Reserved.